バックナンバー

自動車の有益情報

日本車の安全性と人気

日本の自動車の安全性能

自動車製造の根本的な違い

日本は海外市場に比べて自動車製造を安全性や燃費を中心として取り組んできました。従来から欧米では大型でハイパワーなエンジンを搭載して、迫力のあるスタイリングや走りなど車に求める要素が日本とは違いました。地球温暖化や原油価格の変動、為替差益の影響、グローバル市場で世界各国が生産する自動車が自国での市場ではなく海外市場へ輸出され、世界戦略を視野に入れる現在、とくに成長が著しい新興国への輸出が販売台数の伸びを見せるため、評価のポイントがパワーのみではなく、低燃費や安全性に注目されます。新興国では、インフラ整備が不十分で交通事故も多く発生しているため、安全性能に関する装備はとくに注目されます。欧米ではまだまだ、日本車に対する評価は低く、とくにハイブリッド車に関しては日本の需要に対して低いです。但し、自動ブレーキや障害物センサー、誤発進防止などの安全性に関する技術は世界最高水準であるため、一定の評価を得ています。日本は海外に比べて交通規則が厳しく、取り締まり強化の側面からも、安全性への配慮が高いと考えられています。アメリカでは海外からの中古車の輸入は製造後25年を経過しないと認められませんが、25年を経過したスポーツカーなどが高額で取引されています。日本の自動車は事故歴が少なく程度が良いからです。車検制度によりメンテナンスがしっかりされているからです。事故車であっても修繕技術が高いことから高く流通しているようです。

↑PAGE TOP