バックナンバー

自動車の有益情報

国外の自動車保険の詳細

日本と海外の自動車保険事情

自動車先進国と新興国の違い

自動車先進国と言えば欧米に日本が代表的です。車の普及が経済を成長させ、また、インフラ整備を進めるため私たちの生活を豊かにします。車の生産が進むと多くの雇用を生み、税金の徴収とインフラの充実、クレジットの拡充、中古車市場の形成など様々な経済発展に派生します。車の生産が進む中で発展することとして自動車保険市場の発展もあります。保険の本来の意味は、万が一のための補償であり、安心して車を運転するために加入するものです。先進国の場合、これまでに車社会となっているので、損保会社が充実しており、欧米には数千社の損保会社が存在します。従来では車の性能が向上するたびに、交通事故は右肩上がりでしたが、現在の先進国の自動車製造は安全性を高め、インフラと共同した安全性確保のシステムが搭載されたり、自動ブレーキや超音波センサーなどの衝突回避支援装置などの開発が進み、事故が少なくなりつつあります。一方で同じ海外でも新興国の場合、先進国の中古車が流通してしており、インフラ整備の未発達や交通規則、ドライバーの意識の低さなどから交通事故が多いです。保険会社は一定のルールに則り、保険金支払いをするため、海外市場ではまだまだ交通規則やインフラ整備が進んでいない国もあるため損保の成長が進みません。現在、新興国と言われる海外諸国では自動車の今後の発展が目覚ましく、保険市場の拡張が期待できます。

↑PAGE TOP